創業1959年 日本で最初のトグルクランプメーカーです。カクタのトグルクランプは、自動車、造船、飛行機など国内外のあらゆる産業の省力化に貢献します。

icon-a 01プライパシーポリシー    icon-a 01サイトマップ

s-navi-text-d 01

ハンドバイス
ハンドル横型下方圧え
ハンドル縦型下方圧え
横押し型
引き型
ロック機能付
エアークランプ
センサースイッチ付エアークランプ
アクセサリ

電子カタログ

電子ブックカタログ及び紙面カタログには

誤記載がある場合がございます。

寸法図等は弊社WEB内の各製品欄にアップ

されている物とご確認の上、ご使用ください

使用上の注意をよく読んでご使用ください。

 

※トグルクランプ注意事項

 

※エアークランプ注意事項

 

資料請求・製品についてのお問い合わせ

大阪角田興業株式会社 HomeSDGsに対する取り組み

SDGsに対する取り組み

 弊社においてのSDGsに対する取り組みについて

 

例えば、地球の環境が変わりつつあることを世界のニュースからだけでなく、近年の日本における自然災害などから身近に感じ

るようになってまいりました。世界には様々な課題がございます。2015年9月の国連サミットで「持続可能な開発のための

2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標(SDGs)が採択されました。

弊社は、日本においてトグルクランプのパイオニアとしてあらゆる産業に携わってまいりましたが、取り扱い製品にはポリ袋

プラスチックが使用されております。創業60年を迎え、環境に対して考え方を転換し貢献することが必要だと感じております。

長年のお客様である多くの企業様もこのような課題に取り組まれております。弊社におきましても非常に微力ではありますが、

社会の一員として、お客様と協力させていただきながら今後の世界に少しでも貢献することが出来れば幸いと考えております。

 

                                              大阪角田興業株式会社

SDGS logo1

2015年、国連は国際社会の共通目標として「持続可能な開発目標」

(Sustainable Development Goals。通称、SDGs)を採択しました。

私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

 

 

SDGsに対しての具体的な取り組みについて

 

SDGs目標

sdg icon 12 ja 2 sdg icon 13 ja 2 sdg icon 14 ja 2

 

課題

廃棄物になる物をあらかじめ除去することでお客様においての処理作業の軽減と廃棄物の削減及び発生防止を行う。

また、資源を節約することで持続可能な環境へ貢献する

 

目標設定理由

包装用ポリ袋は、納入後すぐに製品を使用する現場では廃棄物になります。また、付属のプラスチックグリップを

使用せずにお客様の使用方法に応じた形状に加工している現場も数多く見て参りました。他にもポリ袋やグリップ、

その他部品などが必要ないというお客様がおられました。しかし、お客様には様々な状況やご要望がございますので

それぞれに対してどのように対応すべきかを考えておりました。これまでもポリ袋やプラスチックグリップなどが

無い状態での納入を希望されるお客様に対しましては状況により個別に対応を行ってまいりました。

近年、環境問題に対しての意識が高まる中、まず出来る事から始めたいという思いです。弊社といたしましては、

このような対応を拡大させることが第一歩だと考えました。また、そうすることで個別対応を行う上での課題で

あった効率を上げることが可能になり、良い循環につながると考えております。

 

主な取り組み

1.包装用ポリ袋やプラスチックグリップを外しての販売を拡大させる

2.そのような個別対応が可能であることを広めていく

3.環境問題に対応した代替素材の調査検討を行い、2030年までに導入する

4.止む無く発生した廃棄物に対しては適切に分別し提携業者を通じて処理を行う

5.ペーパーレス化の促進

 

考えられる効果

ポリ袋やプラスチックの使用量と廃棄物の削減や適切な廃棄に貢献し、

プラスチックなどのゴミ問題やCO2削減、資源の節約などに貢献

 

 

弊社における取り組み事例

 

 通常包装

通常製品の梱包

 分別

通常製品の構成

部品と外装にポリ袋を使用

グリップはポリプロピレン

ポリ袋無し

ポリ袋無し仕様

ポリ、プラなし

ポリ袋、グリップ無し仕様

エコ梱包

ポリ袋無し梱包例

自社使用量に対して非常に大きな削減になる

可能性があります

直ぐに使用する現場では、問題がないとのお話もあり、ゴムの削減と開封や組立の手間も省かれます

 

お客様には廃棄物の削減や作業の軽減になり、弊社にとりましても資材と

ゴミの発生原因の削減につながります。