大阪角田興業-TEL-logo
HOME品番一覧よくある質問会社案内お問い合わせ
製品誕生ヒストリー

製品の誕生について

ここでは書ける範囲で大まかな内容をご紹介いたします。それぞれの詳細については
守秘の問題もありますのでまた、どこかでと考えております。
弊社の製品は、お客様の要望から始まっております。当初は、使用用途に合わせて数々の
製品が開発、販売されました。しかしながら、次第に継続して頂ける製品が絞られていき
現在のラインナップになっていきました。型式を見ていると数字や記号が飛んでいるのが
あるのはそのためです。また、これまでに数々のクレームや問題に直面いたしました。
そのたびに協力工場様のご尽力により、改善を繰り返したことで同じように見える海外の
格安製品との違いが生まれ、品質向上に繋がってきたものと考えております。


ハンドバイスについて

ハンドバイスNO .0は、弊社で一番初めに開発、製造された製品です。
これは、日本で始めて作られたハンドバイスでもあり、当時は特許を取得しておりました。
それまでは、セールスマンがウインチなどを全国の自動車修理工場などに訪問販売して
おりました。ある時、このような物があれば便利だと知った現社長の祖父である
前々社長 木村典三が様々な方々の協力の下、製造を主導し販売が始まりました。
当時は、卸販売はなく工場への訪問販売による手売りでした。
この製品は、様々な製造分野で非常に重宝され、NO.1、NO.2、NO.3などとお客様の
ご要望に合わせてアイテム数が増えていきました。
そのままの日本語読みですが「手万力」とも言ったそうです。


トグルクランプについて

ハンドバイスをキッカケに製造現場へ出入りする機会が増え、お客様の要望に
答える形で国内初となるトグルクランプの製造販売が始まりました。
発売と共に国内の様々な製造現場において採用されるようになりました。
合わせて様々な形状のクランプが考案され、販売されましたが時間と共に
販売台数と製造コストが合わなくなり、比較的ベーシックな形状が残りました。
現在は、様々なブランドがございますが、当時は、トグルクランプに関しては、
独占販売だったため「角田クランプ」と呼ばれることもございました。
エアークランプについても早い時期から販売しておりました。
現在は既に廃刊となっていますが「全日本機械工具標準型録」にも掲載されて
おりました。


バリクランプについて

ある大手自動車メーカー様の生産技術の方と木村典三が考案し
鍛造製のバリクランプを開発いたしました。
その後、お客様の要望によりSS400製モデルの販売が始まりました。


引きクランプについて

FAシリーズはファスナークランプと呼ばれておりました。
FA110〜FA150、FA400、FA500などのFAシリーズの一部は、
コンクリート製品の型枠用のクランプとして開発し製造販売いたしました。











                                *記事の転載、引用を禁止します

大阪角田興業株式会社
TEL 06-6772-6801

Copyright ©2000〜 OSAKA KAKUTA KOGYO CO.,LTD All Rights Reserved.